歯周病とは

現在の歯の喪失理由で一番多いの原因とされているものが歯周病です。歯周病とはその名のとおり歯の周りの病気、つまり歯を支える歯ぐきや骨の病気です。ではどんな症状があるのでしょうか。

主な症状は

  • 歯を磨くと出血する・・・・・・・(軽度で歯肉炎というステージかも)
  • 歯茎が赤くぶよぶよしている・・・(進行している可能性があります)
  • 歯茎がはれる、膿が出てくる・・・(重症化しているかもしれません)
  • 口臭がする・・・・・・・・・・・(歯周病菌は結構ニオイを伴います)
  • 歯がぐらぐらする・・・・・・・・(かなり重症の可能性があります)

これらの症状に心当たりのある方は歯周病が疑われます。

歯周病の原因

歯周病の原因は歯周病細菌です。

この細菌は歯と歯茎の隙間(歯周ポケット)に多く存在して毒素を出すので歯茎とその中の骨にダメージを与えます。そしてほとんどの国民のお口の中に居ると言われています。

歯周病が重症化すると、歯に全く虫歯などなくても歯を支えることができなくなり最後は抜けてしまいます。

虫歯で歯を失う場合は1本づつです。しかし、歯周病の場合は全ての歯が同じように進行していくので抜け始めると次々抜けてしまいます。


また、歯と歯茎のすきまは人間の体の中で唯一(上皮を通らずに)直接生体内に入ることができる場所なので歯周病菌は簡単に血管に入ることができます。あごの骨は歯が植わっていることで、外界からの細菌侵入を許しやすいのです。

このため歯周病菌は内臓に直接ダメージを与えることができます。

最近の研究では糖尿病との密接な関係が判っており、心臓疾患などの重要な原因にもなっていることが判ってきました。

歯周病の治療

治療の基本は菌の数を減らすことです。それは自分の歯磨きの改善や、私たちプロフェッショナルによるケアも含めてです。

軽度の場合

軽度の場合は適切な歯磨きをするだけで治ります、その後も発症を抑えることができます。

まずは歯医者で自分の状態を知って、自分に合った適切な歯磨きを覚えましょう。

中程度の場合

中程度の場合、歯磨きでとれない汚れが付いていることが多いです。これは歯石と言って汚れが唾液中のカルシウムと一緒に固まって歯についてしまったものです。これが付いていると歯磨きだけで改善することは難しくなります。歯医者で除去してもらいましょう。

また、歯茎の上に見えている歯石だけでなく歯茎の中に隠れている部分もあります。 これらを完全に除去する必要があります。

重症の場合

重症になってしまった場合は抜歯もやむを得ないことがあります。残せる歯を残すためにダメな歯を抜いたり外科的な治療を行ったりして最良の結果が得られるようにします。


※宇治小倉駅前こにし歯科医院ではこれらの通常の治療の他に、飲み薬などのお薬による治療も行っております。
今まで通常の治療では治らなかった方も一度ご相談ください。


その他、歯周病についての疑問・質問は宇治小倉駅前こにし歯科医院までメールにてお気軽にお問合せください。診断については必ずご来院下さい。電話での質問等についてはご返答しかねます。

← 診療方針・治療案内へ戻る

Copyright © 2021-2022 Uji Oguraekimae Konishi Dental Clinic. All Rights Reserved.

ページの先頭へ

0120-29-0180 WEB予約

WEB予約

MENU